■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=125
2009年01月17日(土) 
あの日の5時46分、私はすでに起きていました。3月に出場予定のフルマラソンの大会に向けて、朝のジョギングに出かけようとしていました。その時、ギシギシと音がして部屋が揺れ始めました。一瞬、何が起こったのかわかりませんでした。それが地震であることに気づくまで10秒からいかかりました。地震が起こった週の土曜日とその2週間後の2回、私は震災ボランティアとして神戸を訪れましたジェットコースターのように曲がった阪急電車の高架の線路、45度ほど傾いた民家、一番被害が大きかった長田区の空襲のあとのような光景、私が大好きだった神戸の街がこんな姿になってしまった。すべてがショックでした。あの日のことは、決して忘れてはならないと思います。そして、亡くなられた6000人以上の方々のご冥福をお祈り申し上げます。
閲覧数2,502 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2009/01/17 09:46
公開範囲外部公開
コメント(1)
時系列表示返信表示日付順
  • 2009/01/18 11:27
    Sueさん
    あの日は連休明けで私も次の日学校のマラソン大会だったので、枕元にパーカーと、スニーカーを用意していました。偶然にもそのパーカーとスニーカーが次の日の行動を助けました。
    朝の出来事が信じられずラジオを聞くとアナウンサーまでも震度5の模様です。とパニクっていました。まるで洗濯機の中身のようでした。幸い寝室に家具を置いていなかったので、家族にけがはありませんでしたが学校では生徒が3人なくなりました。
    それ以来「人と防災」でボランティアを細々と継続しています。今日もこれから行きます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
MAKKYさん
[一言]
歌うことと、オカリナを演奏することが好きな私です。また、世界から児…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月17日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み