■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=136
2009年02月01日(日) 
もうひとつ、私が創った歌を紹介させてください。私は、がんばっている若者を激励する「ねがい」の詩をたくさん創ってきました。さて、2002年、「ねがい」が誕生する少し前、下のような詩を書きました。

すこし疲れたかな 忙しい日々に
うつむき加減の 君の横顔
君を見つめる七十の目に 押しつぶされそうになりながら
歌うことさえ 忘れそうになりながら
よくがんばってくれたね ありがとう

この詩のモデルは、幼稚園の先生になって1年目の一人の女性です。彼女が、私の勤める養護学校に介護体験実習に来た時、彼女が大学で合唱団に入っているということが縁でつながりができました。彼女は卒業してすぐ、偶然にも私の家の近くの私立幼稚園に勤めました。そして、「和泉 愛と平和のコンサート」に誘い、一緒に練習に参加しました。幼稚園の勤務条件は非常に厳しく、彼女はいろんなことで悩んでいました。土曜日の夕方、仕事が終わってから2時間ほど近くの喫茶店で話を聞いてあげたこともありました。疲れて練習に来られないこともありましたが、よくがんばって本番のステージに立ちました。彼女の姿に感銘を受けて創ったのが上の詩です。
この詩に曲をつけようとしたのですが、中断してしまいました。今年はがんばって完成させようかな。
彼女とは、現在も交流が続いています。一昨年の「岸和田 ピースウエーブコンサート」で「ねがい」のステージを企画した時、私と一緒に「ねがい」の歌詞を朗読してくれました。このSNSのメンバーでその時一緒にステージに立っていただいた方は「ああ、あの人か!」と思い出されるかもしれませんね。
なお、彼女は、その私立幼稚園は3年で退職し、昨年、市の採用試験に合格して今年の4月からようやく幼稚園の先生として安定した生活ができるようになりました。

閲覧数1,831 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/02/01 10:56
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
MAKKYさん
[一言]
歌うことと、オカリナを演奏することが好きな私です。また、世界から児…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み