■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=60
2008年11月19日(水) 
「手作りする地球儀」朝日新聞昨日17日夕刊記事のタイトルです。

12年前ベトナム難民として来日したラム・バンホアさんが、やがて草加市渡辺教具製作所で働きはじめ、今は工場長となり3名の職人の指導役という。抜きんでた手先の器用さと穏やかな性格からリーダーとなり、この手作りする地球儀を「ずーと続けたい転職」と言われる。
地球儀制作中の彼の大きな写真が載っている。

この渡辺教具製作所は、地球儀専業メーカーで国内最大手である。

そして、この工場の2階は地球儀のミニ博物館である。私は、昨年暮れ、ここで渡辺美和子社長に会い、子ども環境サミットに展示する2つの地球儀を貸してもらえるよう交渉していた。ミニ博物館に展示されていた美しい地球儀(直径65cm)と茶色く変色した環境汚染の地球儀(直径40cm)である。

渡辺社長の協力で快く話はまとまり、JEARNは梱包する木箱の製作費と運送料だけの負担で2つの地球儀を会場の神戸芸術センターで展示させてもらうこととなった。

さて、5月G8環境大臣会合に合わせて開催された子ども環境サミット会場に2つの板作りの巨大な箱が運ばれた時、梱包を解き、取り出して指定された位置にすべてを落ち着かせ、空の箱の置き場所まで段取りされたのは、JEARNの奥内さんであった。

子どもサミットが無事に終了し撤退にあたっては、今度は2つの空の箱に地球儀を納めて梱包し、宅急便センターまで運ぶトラックを手配し、無事に渡辺社長まで返してくださったのはJEARNの植田さんであった。

開催前と終了後の緊張の中で、「ここは任してください」と言ってくださった2人の言葉が嬉しかった。

ただ・・・最後に環境省から持ち込まれた直径2Mの地球儀が、展示会場の入り口に陣取り、JEARNの2つの環境問題を象徴する地球儀は
階段のコーナーにおかれてライトを浴びることもなく、新聞にも登場せず、渡辺社長へ特別の報告もできなかった。。。この2つの地球儀もベトナムの彼の手による作品であったかもしれない。 YOKO



閲覧数1,684 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2008/11/19 01:56
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
YOKOさん
[一言]
"Weaving the World into One"
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み