■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=76
2008年11月28日(金) 
これは、朝日新聞25日第1面に出ていた記事のヘッドである。
今日は、いつもとは違う内容です。

この24日長崎「ビッグNスタジアム」で、バチカンローマ法王代理の
枢機卿を迎え、1603~39年に全国各地で殉教した188名の列福式が行われた。スタジアムには約3万人という報道があり、高槻教会からも多数の方が行かれたが、実はインターネット配信があり高槻教会では優先アクセス権がもらえて、大きなスクリーン・温かい室内で
3時間余をじっくりと参加することができた。

1歳の幼子から80数歳の老人まで、家族が多く、世界でも類を見ないという残酷な責苦を経て、それでも栄光の死と自由を選びとった
その強さを持った日本人がいたことに驚かされる。先日、京都河原町教会へ行った際に見せてもらった52人の殉教者たち。その中でも5名の未だ幼いこどもたちを自分の身体にくくりつけて、「必ず明らかになるときがきます」と教えながらともに炎に焼かれた母子。

24日は、彼らの強い信仰が世界に明らかにされた日でした。これからは福者として尊敬と崇高の対象となられます。YOKO

閲覧数1,562 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2008/11/28 02:11
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
YOKOさん
[一言]
"Weaving the World into One"
■この日はどんな日
ほかの[ 11月28日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み