■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=118
2009年01月09日(金) 
私は、自宅の書斎?(というほど大げさなものではないですが)の自分の机の前にカレンダーをつるすようにしています。今年は、大好きな、いわさきちひろのカレンダーをつるしています。私はちひろが大好きで、東京と信州安曇野の美術館のどちらにも3、4回行ったことがあります。正月休みの間に、ちひろさんの一人息子の猛さんが書かれた安曇野の美術館を創るに至った話と、奥様の由理子さんが書かれたちひろ美術館が歩んできた道についての本も読み終えました。
ちひろは、平和や命の大切さを絵を通じて訴え続けた人です。ちひろの絵を観ていると、心が安らぎます。なぜだろうか。ひとつには彼女の絵には余白がいっぱいあっていろんなことが想像できること、それと彼女が描く子どもの目に表情があって、絵を観ながら子どもたちといろんな会話ができるからかなあと思います。
今の世の中、暗いニュースや腹の立つできごとが一杯あるけれど、今年は、自分の部屋でちひろさんの絵と対話しながら「ほっとする」時間を作るようにできたらいいなあと思ってます。ちひろさんの絵が好きな方、お返事ください。

閲覧数3,811 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2009/01/09 09:36
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2009/01/10 11:25
    Sueさん
    わたしもちひろさんの絵は大好きです。自分の子どもはどこかちひろの絵に似ていると思うのだそうですが、子どもが小さいときはつくづくそう思いました。良く子どもの特徴が表現されていて感心します。
    次項有
  • 2009/01/11 23:35
    私も、ちひろさんの絵、好きですよ。
    東京にちひろ美術館ができた時に、すぐに観に行ったと思っています。かなり昔で若い頃です。その後、もう一度行きました。
    信州のほうは、いまだに行けてないですが、行ってみたいです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
MAKKYさん
[一言]
歌うことと、オカリナを演奏することが好きな私です。また、世界から児…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み