■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=423
2011年02月05日(土) 
東京行きは、いつもジパングを使う。「のぞみ」ではないが、「ひかり」で比較的ゆっくりと寛ぎながら
東京の往復を楽しむことができる。

この2月2日東京へ向かう前に、JEARN事務局宗光さんから手渡された白い冊子があった。事務局長福井さんから「読んでみたら?」と高木に薦められた冊子だという。

午後の早春の日差しに気持ちまで穏やかになりながら、この贅沢なひとときをこの白い冊子とともに過すことにした。

それは、第26回IBBYニューデリー大会基調講演(1998)をされた
美智子様の「子供の本を通しての平和--子供時代の読書の思い出」を
出雲大社教官長が冊子にされたものであった。

自分のあの頃。。。
幼いころに馴染んだ雪の日の雀のかすかな挿絵。
母親に読んでもらう度に泣きに泣いた安寿と厨子王丸の物語。
引き上げ後、小学校・中学校の学校図書館で借りては読んでいた時代。
その当時は、伝記物語が多かった。
クリスマスプレゼントで初めて送られた自分の本「モヒカン族の最後」

あの頃の記憶とだぶらせながら、静かな豊かな時間が過ぎていき、
ふと気付くと車外は既に暗く、新横浜・品川もまもなくであった。

福井さん
ありがとう。 

皆さん
美智子様の基調講演は、次のサイトでご覧いただけます。
日本語版・英語版をお写真とともに見ることができます。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/ibby/koen-h10s…delhi.html

閲覧数1,184 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2011/02/05 13:27
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
YOKOさん
[一言]
"Weaving the World into One"
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み