■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=480
2011年12月13日(火) 
Hiroshima for Peace (まちんと)に参加しているパキスタン
Murasate先生の依頼で、20数名の生徒と数名の先生と
スカイプミーティングをしました。核兵器の熱線と内部被爆によって
死に至ること、現在、保有する核兵器、原発の危険性など
かなり伝えることができたと思います。
質問もあり、なにより真剣な面持ちで聴く態度に好感を覚えました。

寸前にJEARNメンバー辻さんのメールにあった「一本の鉛筆」を紹介したのですが今回のスカイプには間に合いませんでした。 iEARN Online フォーラムへ載せて、生徒たちに一本の鉛筆があれば何を書きますか、一枚の
ザラ紙があれば、何を描きますかと問うてみようを思います。

Murasate先生の生徒たちは試験中ということで、朝、テストが始まるまでの
貴重な30分でした。 

その生徒たちが描いた絵本をiEARNMachinto ギャラリーから印刷をし
礼を言うとともに、手元にある絵本から3冊の生徒たちの作品:
AUの生徒の”Night Rain",
アフガン戦争を背景にしたカナダの”Huma's Story", そして
アイアーン沖尚の沖縄戦末期の自決を描いた”Machinto ~Okinawa Version"を
ページをめくりながら紹介しました。 Okinawa Version は色も線も鮮明なので
カメラを通しても見せやすく理解が早かったと思われます。 
Murasato先生もそのような感想を直後に伝えてきました。 

次は日本の学校の生徒たちと話したいと言っています。
Marasate先生の学校にはICT専門の先生もおられて、このようなリアルタイムの
会話に違和感がなく、また平和教育にも熱心です。
スカイプ交流を希望されるクラス・グループはご連絡ください。

閲覧数2,816 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2011/12/13 15:50
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/12/13 20:51
    1本の鉛筆と1枚のザラ紙がここにあったら、今の私は何と書くかな。考えてみます。生徒たちにも機会があったら話してみよう。
    次項有
  • 2011/12/13 23:56
    鉛筆YOKOさん
    Makkyさん

    私は多分、”今が幸せ”と書く。

    Makkyさんは? 教えてね。 高木
    次項有
  • 2014/01/15 11:13
    Makkyさん

    私は多分、”今が幸せ”と書く。

    Makkyさんは? 教えてね。 高木
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
YOKOさん
[一言]
"Weaving the World into One"
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み