■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
https://sns.jearn.jp/blog/blog.php?key=263
2009年10月22日(木) 
私は、生まれは九州の博多で、生まれてすぐ京都に移りましたから、私の「ふるさと」は京都かなと思います。

そして、私にとっての「第二のふるさと」は、大学時代から合計8年間過ごした鳥取です。最近の数年は、毎年1,2回は必ず帰っています(「行く」のではありません。「帰る」のです)。

大学時代の合唱団の同級生や現役の部員たちとは今も交流があって、定期演奏会を聴きに行ったり、練習を見に行ったりしています。現役の部員たちと一緒に飲んだりカラオケに行ったりすることもあります。

去年、大学を出てから所属していた市民合唱団の定期演奏会を聴きに行き、当時からずっと歌っている仲間たちと26年ぶりの再会をしました。

そして、今年、2週間ほど前の10月の連休の時、大学時代の学科(農学部 農学科)の同窓会で、同級生と30+α年ぶりに再会しました。

一次会、二次会、三次会と盛り上がり、翌日は母校である鳥取大学の構内を散策しました。

大学は学園祭中でにぎわっていましたが、「30年の間に木が大きくなったね。」「農場は少しも変わってないね。」「このあたりにコンニャクを植えていたのかな。」と、学生時代にタイムスリップしたような気持ちで語り合いながら、構内を歩きました。

鳥取は、私にとって、一生の間「第二のふるさと」であり続けるかなと思います。日本一人口の少ない県ですが、自然が豊かで、地味だけれど粘り強い人がたくさんいて、とても好きです。

大学時代に過ごした土地が「第二のふるさと」になるというのは、とてもしあわせなことなのかも知れませんね。

次は、12月に、大学の合唱団の50回記念の定期演奏会を聴くために帰ります。



ついでに、私の夢ですが、これから国際交流に関わる活動をしていって、外国に「第三のふるさと」を作れないかなあと思ってます。実現させたいですね。

閲覧数1,223 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2009/10/22 15:48
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
MAKKYさん
[一言]
歌うことと、オカリナを演奏することが好きな私です。また、世界から児…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み